相談先を探しておく

診察 マリッジブルーはうつ病の一種と考えられています。ですから、安易に考えないほうがよいでしょう。出来るだけ心療内科を受診して、早期に対応をするべきです。そうすることによって、心身共に健康的な生活に近づくことができます。

詳しく見る

心の悩みを解決する方法

男女 結婚をする前にマリッジブルーになってしまう方が存在しますが、精神科や心療内科がある病院に行く事が大切です。マリッジブルーを放置すると深刻なうつ病を発症してしまうリスクもありますから、早期治療が賢い選択になります。

詳しく見る

安心できる支援

花嫁 マリッジブルーは、結婚前には陥りやすい症状ですが、決して軽くみることはできません。うつの症状に陥ることもなきにしもあらず、だから専門の医師や周りに助けを求めましょう。相談すること、立ち止まることが大事です。

詳しく見る

漠然とした不安

喧嘩 結婚への準備中に、パートナーがマリッジブルーのようなうつの症状に悩まされていたのであれば、できる限り二人で問題解決の糸口を探る努力が必要です。必要であれば、精神科を一緒に受診をすることが大切になります。

詳しく見る

男性の結婚前の不安

女性 男性のマリッジブルーは、プレッシャーによるものが大きいと言われています。一時的な抑うつ状態にあることから、プレッシャーを取り除き、よく考える時間的な余裕を与えることで、症状が改善することもあるのです。

詳しく見る

相手方への不満も原因に

花嫁

環境が大きく変わることへの不安も

結婚を間近に控えた人は誰もが幸せ一杯と思われがちですが、なかには結婚することに対し不安を感じるなどのことからかかる病気があります。それがマリッジブルーと言われるうつ病です。自分はかからないと考えていた人も結婚生活が現実のものとなった時、おおくの心配事がたくさん出て来る場合があります。相手側の両親や親戚などと上手く生活が出来るのだろうか、子供をキチンと育てることが出来るのだろうかなど、多くの理由から不安な症状が起こります。その結果、食欲が増してしまうとか反対に食欲不振になってしまうことや、眠りが浅くなってしまったとか寝るまでに時間がかかってしまいなど精神的にも肉体的に辛いと感じる日々が続くようになってしまいます。更には相手方へケンカを売ってしまうとか、愚痴が多くなってしまうなど二人の間にも隙間が出来てしまうなどのことも起きかねません。このような症状が見られるようになった時には、マリッジブルーによるうつ症状と考えられますので、心療内科などの病院で治療を受けることがベストの方法になります。

マリッジブルーと言われるうつ症状がみられるようになる時期は様々と考えられますが、その多くはプロポーズの直後からとか結婚準備が進むようになった時とにみられるようになって来ます。結婚と言うことを実感することで、自分自身の中で不安感を持つことから起こる症状とされ、自信を持つことが出来ない人に多くみられるとも言われます。マリッジブルーになる理由として考えられることに環境が大きく変わってしまうことが考えられ、苗字が変わるとか知らない所で暮らすことになるなどの未経験なことに対する不安感から起こって来ます。また相手方の両親から良いお嫁さんと言わるようになりたいと言う自分へのプレッシャーも大きな原因となります。マリッジブルーにかかる特徴として上げられることに、相手に対する不満と言うこともあります。相談ごとも満足に聞いてくれないとか結婚が決まった後は態度が横柄になったなど、パートナーとしての不満が募るケースも多くみられます。マリッジブルーと言ったうつ症状が起きた時には、出来るだけ気分転換を図ることも良い方法です。自分の好きなことに没頭してみて、世間のことを忘れてみることも試して見るべきです。