安心できる支援

花嫁

自然に治まることもある

結婚を控える女性がマリッジブルーという精神的な症状に陥ることがあります。うつに陥らないように、医療機関を受診するべきですが、何より多忙なこともあれば対策が急がれるはずです。今は、マリッジブルーの悩み相談に適した「電話相談」が可能です。相手は女性、しかも顔見知りでもないからこそ本音で話せる、聞いてもらえる、共感を得られることが評判になっています。相談料金も面談ならば無料とはいかないものの、電話ならば通話料はかかりますが、相談に関しては無料です。カウンセラーなどの専門家への電話相談の相場が60分あたり1万円ほどですから、無料は安心して話すことができますし、24時間対応しています。今は、厚生労働省なども「こころの健康相談」というダイヤルを設けています。結婚の準備に忙しいからこそ、余計に感じるマリッジブルーの症状ですから、出かける暇もなければ、より電話が理想的なのです。自分でも意味が分からず、知らず知らず涙が出るけれど、そうした気持ちを吐き出すことでマリッジブルーを解消できる可能性は大いにあります。うつに陥らないためには、第三者という誰かに本音で旨の内を吐き出すことだと、メンタルクリニックの医師も話しています。

結婚が現実味をおびることで、不安や焦り、後悔などを感じてしまい、そこから「うつ」を発症してしまう可能性は0ではありません。男性より、女性の方が結婚生活という環境の変化が大きいのも事実で、プロポーズも受け身です。その分、受け止めるまでのメンタルが整わない内に話が進んでしまい、不安感が膨らむともいいます。しかし、マリッジブルーにはよくある症状ですし、陥りやすいのも事実で、そして「自然に解決する」場合が非常に多いことを知っているでしょうか。結婚したとしてもあなたの周りはこれまでと変わらず、しかし、あなたには新たに家族が加わるのです。忙しくて自分の時間が持てないことでうつを患うこともなきにしもあらず、マリッジブルーは決して軽視できないのもメンタルクリニックの医師が伝えています。これまで休日はデートや自分に充てていた時間であったなら、結婚前に同棲してみることで解決できます。少なくとも3ヶ月の同棲が安定性もあるようです。周囲に気遣うより、大事なのは自分の気持ちです。知っておきたいのは、結婚を白紙に戻すのではなく、考える時間をもらうということです。式場もキャンセルが可能ですし、周りに状況を知ってもらうには、短期入院という手もあることを知りましょう。