漠然とした不安

喧嘩

パートナーに寄り添い、一緒に解決する

パートナーがもしかしたらマリッジブルーかもしれない、そんな経験をした人は少なくないといいます。結婚はおめでたいことで周囲も祝福します。しかし、心がどこかついていけなくなってきてしまい、結婚を目前に控えてうつっぽくなってしまうことがこの症状の特徴です。一時的な気の迷いとして軽くあしらうことも可能ですが、そうしてしまうとうつの症状が深刻化してしまうこともあるので要注意です。もし、パートナーがマリッジブルーになっている場合には、他人事だと考えず、自分のことのように受け止めて、一緒に解決することを目指す必要があります。なぜなら、パートナーが落ち込んでいては結婚式を円滑に進めていくことができないからです。そのため、パートナーの悩みを自分のことのように受け止め、一緒に改善策を探っていく必要があります。大切なことは、話を聞いて何が問題なのかを明らかにしていくことです。その過程で、もし立ち止まる必要があると判断した時には、立ち止まる勇気を持って対処することです。

もしも自分たちだけではどうにもならないと判断した場合には、できるだけ早く医療の力を借りることが何よりも大切です。マリッジブルーというのは、環境や心理的な要因が複雑に絡み合っていることから、放置していると問題はさらに複雑化を極めてしまいます。できるだけ早い段階で精神科に診てもらう事により、パートナーの絡まってしまった心の糸を一つずつほぐし、問題を明らかにすることができるからです。病院にかかることがあれば、できれば二人で一緒に診察を受けます。医師の助言を一緒に聞いて解決策を模索したりすることができます。マリッジブルーは、相手へも影響を与えることがあることから、もしかしたら慰めているうちにうつ状態に陥ってしまうかもしれず、実は慰めている人のほうが医療の助けが必要だったというケースも多いのです。そのため、一緒に受診をすることで隠れうつの症状を発見することができたりすることもあります。マリッジブルーは二人の問題として受け止め、解決策を探る必要があるのです。