男性の結婚前の不安

女性

男性も例外ではないこと

女性のマリッジブルーばかりが取り上げられていますが、実は男性も例外ではないことを述べておく必要があります。特に、男性の場合、家族に対する責任感を重圧に感じ、結果的にマリッジブルーになってしまうということがしばしばあるようです。今でこそ夫婦共働きが当たり前になりつつありますが、やはり結婚することで一人前の男となり、これから仕事も頑張っていかなければならないとなると、その重圧に耐えきれなくなる男性も少なからずいるようです。これはちょっとした抑うつ状態であり、すぐに治ることもあれば悪化の一途をたどってしまうことがあります。気分的な問題で、ちょっと気分転換をしたら直ることもあります。もし、気分転換をしても抑うつ状態が変えられないようであれば、焦らずまずは精神科の治療を受け、悩みを相談することです。もし、症状に改善が見られない場合には、パートナーにきちんと自分の状態を話した上で、結婚式を延期するという選択肢を取ることも、マリッジブルーには効果があります。

男性も女性と同様に、結婚式を目前に控えてマリッジブルーになってしまうことがあります。女性の方が何かと話題になりますが、男性も実はよくあることなのです。もし、自分の彼氏がマリッジブルーになってしまった時の対処法を紹介します。まず、彼を焦らせないことです。結婚を躊躇している場合、待ってあげることも大切です。マリッジブルーは、一時的な抑うつ状態と言われるため、その症状が改善すれば、自然と結婚に対して前向きになることができます。そのため、少し考える時間を与えてあげるようにすることです。ただ、抑うつ状態が悪化してしまった場合には、結婚自体を一旦白紙にする勇気も必要です。ここで急かしたりすると症状だけでなく、かえって二人の関係もこじれてしまうこともあります。彼もプレッシャーを感じすぎてしまい、自分がどうしたいのかわからなくなってしまっているのかも知れません。そこで、一旦結婚を白紙にすることでプレッシャーを軽減し、十分に考える時間を与えてあげるのです。