相談先を探しておく

診察

長期化を避けよう

結婚が決まって、本来であれば新生活に対する希望で溢れているはずなのに、どうしても気分が晴れなかったり、不安で押しつぶされそうになってしまう、という人もいます。一時的な感情の問題であればまだよいですが、うつの可能性もあります。結婚が決まってうつ状態に陥るなんて考えてもいないでしょう。いわゆる、マリッジブルーと呼ばれる心の病です。マリッジブルーによって、破談になってしまうこともありますし、中にはどうしても新しい生活に飛び込むことができずに誰にも打ち明けることができず、自ら命を絶つ選択をしてしまう人もいます。結婚が決まってもいつまでも暗い顔をしているようであれば、心療内科を受診するのもよいでしょう。悩みを打ち明けることによって、解決方法を見つけてくれるかもしれません。またうつに効果的な薬を処方をしてもらえることもあります。生活環境が変わることによって、状況を受け入れることができるのであれば、薬を手放すこともできるようになり、病気も克服できるかもしれません。

もしもマリッジブルーかもしれないとい疑いを持ったのであれば、放置をしておくと深刻なうつの状態に陥ってしまうことがあります。マリッジブルーは一時的なものと安易に考えないほうがよいでしょう。出来るだけ心療内科を受診して、早期に対応をするべきです。うつの薬を処方してもらって、気分を落ち着かせることもできますし、専門医のアドバイスによって生活環境を変えるのも1つの克服方法です。何か打ち込める趣味を見つけてみる、というのもよいかもしれません。結婚生活に不安を感じているのであれば、その不安に対してどういう風にしたいのか、という話をしてみるのも良いでしょう。この場合、相手との話も必要になってくるかもしれませんが、まずは医師と話をしてどういう形にするのがベストなのか、アドバイスを求めてみるのもよいかもしれません。周りの協力が必要となってくる場合もあります。近くに頼れる人がいるのかどうか、そこもチェックをしておくべきでしょう。マリッジブルーだから一時的なものというわけではありません。